インドミーとは何?

by Kie, August 2022

インドネシア料理といえば、日本で有名な料理はナシゴレンとミーゴレンです。しかし、インドネシアで最も有名なインスタントヌードルをご存知でしょうか?インドミーというブランドを聞いたことがありますか。

 

インドミーは、インドネシアのインドフード社が製造するインスタントヌードルのブランドです。 同社インドフード社は、16 の工場を持つ世界最大の即席ヌードルメーカーです。年間 150 億個以上の インドミー が生産されています。 インドミー は、世界 90 か国以上にも輸出されています。 インドミー は、New York Magazine の最新の即席麺世界ランキングで 2 回言及された唯一のブランドとなり、(←意味不明)、インドネシアで最も愛されている輸出商品としての地位を築いています。 インドフード社 インドミー を日本にも輸出しています。 インドミー は、日本のいくつかの小売チェーンや日本の輸入品 チェーン店で見つけることができます。

インドミーは焼きそばのように見えますが、味はインドネシア独特の味です。インドミーは日本のいくつかの小売チェーンで 100 円以下程度で購入できます。味のチョイスは幾つかあり、代表的な味はThe Classicsと言われます。フライドガーリックが味を完成させ、独特の味付けが麺をより香ばしく美味しくしています。

 

最近、スープベースのインドミーが日本にも輸入されるようになりました。インスタントラーメンのように調理は簡単ですが、味は明らかに違います。スープベースのインドミーヌードルが最も風味豊かでコクがあると言う人もいます。 インドネシアでは、冷たい雨の日に体を温めたり、お腹を満たしたいときにスープ麺を食べる傾向があります。

インドネシアでは、スープに牛乳とチーズを加えて簡単なカルボナーラにするなど、工夫を凝らしたインドミーを提供する屋台がたくさんあります。また、鶏肉、卵、ソーセージ、牛肉などのトッピングを追加する傾向があります。麺に辛さをプラスするなど、インドミー本来の味を変化させ続けています。インドミー の提供の仕方も変化しています。例えば、インドミードーナツはインドネシアで非常に流行し、さまざまなバリエーションを作り、美味しくてユニークな食べ物となりました。

 

個人的には、インドミーが日本にもっと普及したらいいなと思っています。 インドミー は比較的安価なため、日本 市場への参入のチャンスは高く、またその味や提供スタイルのバラエティの多さから、日本の飲食業や小売り・卸売りのチャネルとの親和性も高いのではと思います。本場インドネシアのような本格的なインドミーの屋台をイベント会場などにオープンし、日本人好みのレシピのバリエーションを考えていけば、日本の若者にとっても受け入れやすい新しいトレンドになると思います。

 

わたしはインドネシア人として、日本でこのインドミー市場を拡大したいと考えている人々を喜んで応援したいです。日本では創造的でユニークなものは流行になりやすいので、インドミーを日本に持ち込むことは、一つのビジネスチャンスになると信じています。このアイデアにご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。次のアクションを相談しながら一緒にインドミーを食べましょう!