コピ・ルアクを味わおう

by Kie, May 2022

ほとんどの飲み物が甘い私の国インドネシアとは異なり、日本の飲み物は無糖とのイメージが湧きます。清涼飲料水でさえ日本の場合は糖分ひかえめです。日本のほとんどのストレートティーは無糖です。日本では通常、ブラックコーヒーも砂糖なしで提供され、日本人は朝にブラックコーヒーを飲みます。

 

コーヒーといえば、日本に8年近く住んでいる私にとって、日本がコーヒーを高く評価していることを感じてます。インドネシアコーヒーのトラジャコーヒーやマンデリングコーヒーやルアクコーヒー(Luwak Coffee)などは日本で非常に有名です。その中で、ルアクコーヒーはインドネシアのコーヒーのアイドルのようであり、最も高価でもあります。

 

コピ・ルアクのフレーバーは、主にキャラメルとチョコレートのヒントを伴う素朴でかび臭いもので定義されており、「ジャングル」の味という表現を投げかける人もいます。この記事では、ルアク豆がどのように作られているのか、そしてなぜ人々がこれらの豆を非常に高く評価しているのかを説明したいです。

 

インドネシアのスラウェシ島のトラジャやスマトラ島のマンダイリンとは異なり、コピ・ルアクには特定の州の起源はありません。その地域にルアク動物がいるコーヒー生産地域は、ルアクコーヒー豆を生産することができます。いったいルアクって何だろうと聞く人がいるかもしれません。ルアクとは、猫に似た小さなフェレットのような動物を表すインドネシア語で、よくジャコウネコといいます。

 

信じられないかもしれませんが、この世界で最も高価なコーヒーは、ジャコウネコ(ルアク)によって消化されたコーヒー豆から作られています。それは、野生のジャコウネコが地元のコーヒー農園でコーヒー豆を食べ、庭に糞便を残したところから始まりました。ルアクは消化システムが短いため、コーヒー豆はルアクの糞の中で豆のまま出てきます。このルアクの糞便は収集され、処理され、販売されます。動物の数と活動に限定され、加工中の浪費、品質認証に伴うコストがかかるため、高額です。

 

 

 

 

 

まず、ルアクが実際に豆をチェリーピックし、消費されると、豆は腸を通過して発酵します。 ルアクの消化管には消化酵素があるため、豆に固有のタンパク質が分解されると言われています。 これらの消化過程は、全体的なフレーバープロファイルに追加されると考えられており、したがって、本物のコピ・ルアクの生産に必要であり、これらのコーヒー豆に非常にユニークなストーリーを与えます。その後、豆は非常に注意深く収集され、洗浄されます。 洗浄工程が終了した後、他のコーヒー豆と同じように乾燥と焙煎によって処理されます。

 

しかし、ルアク豆の需要が高まり、訪問者が野生生物を見たり交流したりしたい観光地としてインドネシアが成長するにつれて、より多くの野生のルアクがコーヒー農園のケージに閉じ込められています。その結果、メディアからの多くの批判を受けて、2004年にインドネシア政府は、動物福祉に準拠したケージの詳細を含むコピ・ルアク法を施行しました。

 

 

現在、コピ・ルアクはインドネシア国内だけでなく、世界中で人気を博し始めています。 Luwak Coffeeのビジネスに興味がある場合は、当社のWebサイトに問い合わせしてください。さらに詳しく話し合うことができます。